酪農の進歩は止まらない!

東日本大震災および原発事故からの困難を乗り越え誕生したフェリスラテ。
これからの日本の酪農業を担うみなさんとともに、復興とさらなる目標を目指します。

メッセージイラスト

田中 一正

世界で通用する牧場をここ福島から

代表取締役田中 一正

メッセージイメージ

私はもともと東京生まれで非農家でした。20代にメガファームで修業し、30歳で福島県の飯舘村で独立、新規就農を果たしました。しかし平成23年に東日本大震災を経験。その後、平成24年1月に最初の復興牧場であるミネロファームを立ち上げ、平成27年10月に大規模牧場『フェリスラテ』を立ち上げました。

フェリスラテは現在およそ500頭の牛を育て、毎日15トンにおよぶ搾乳・生乳出荷日量を誇る規模で、福島県随一、そして東北でも5本の指に入るメガファームです。

メッセージイメージ

社訓の「牛にやさしく 人にやさしく 笑顔のために」は、“牛と共に生活を営む共生の精神で、牧場内で同じ目標を掲げる仲間たちを信頼し思いやり、牛がのびのびと暮らすことができれば私たちは精神的・経済的にも笑顔になれる”という気持ちから、日々是、がんばっています。

フェリスラテでは、家業の後継者となる若者のスキルアップや、非農家であっても独立して牧場を持つ夢を掲げる若者、単純に牛が好きで世話をしてみたいという老若男女など、さまざまな夢を持った人たちが集まり、切磋琢磨しています。
まだまだ小さな一歩を踏み出したばかりのフェリスラテですが、みんなで歴史を作り、新しい牧場を育てあげましょう。

メッセージイメージ